求められる英語のレベル|気になる貿易事務の仕事について学んでみよう【英語が得意な方必見】

貿易事務で求められる英語のレベルを知っていこう

魅力を知ってもっと好きになる

貿易関係の仕事について興味を持ったなら、魅力を知っていくことが大切です。自分のモチベーションをあげることにもつながるからです。

貿易事務の魅力

やりがいがある

貿易事務の仕事は、大きく分けると事務の仕事です。しかし輸出関係などの流通に関係している事務のため、流通を支えているというやるがいが生まれることで魅力を感じる人は多いです。

語学力を活用出来る

貿易関係の仕事は、語学力の活用がとても多い仕事です。英語だけでなく、中国語など万能な語学力を持っていればさらに活躍の幅を広げることが可能になるでしょう。

世界が広がる

一般の事務の仕事でしたら出会わないであろう案件や業務も、貿易事務であれば世界と繋がっているので出会えることが可能になります。そのため海外の情報に自然と詳しくなり、知識が豊富になります。

長く働ける

仕事をしていく上で、長く働ける環境はとても大切なことですよね。貿易事務は経験者を重視しているところが多いので、年齢に関係なく働ける良い環境となっています。そのためキャリアを積んでいくことが出来るのも魅力の一つです。

求められる英語のレベル

男女

メールのやり取り

貿易事務の仕事ではパソコンでの業務がメインとなります。そして、メールを使用しての仕事のやり取りが多いところも特徴の一つです。貿易関係には英語が必須になりますが、メールでの指示が来たりするので、英語での文章のやり取りをしなければなりません。そのためメールのやり取りが出来るレベルの英語力が求められます。

電話での会話が出来る

英語での会話が得意な人であれば問題はないと思いますが、電話での対応でも時には英会話が求められます。あくまで業務内容なので、それを電話で正確に伝えられることが出来れば問題はありません。

読解能力が高い

貿易事務では書類作成や文章に目を通さなければならないことが沢山あります。だからこそ、英語の文章で何を書いているか理解出来ることが必要になります。英語での指示内容を読解して、さらに日本語に変換して書類を作成します。そのため知識豊富な人は大変やりがいを感じられるでしょう。

広告募集中